施設の紹介

糸魚川ジオステーションジオパル

キハ52形気動車の模型

 糸魚川ジオステーション“ジオパル”は、糸魚川市が北陸新幹線糸魚川駅高架下に建設した「糸魚川世界ジオパーク」の魅力発信基地であり、また、鉄道実車両、模型、プラレールに親しむこと、楽しむことのできる交流施設です。

 名称は「ジオパーク」「ジオラマ」の「ジオ」と、駅の「ステーション」、そして友達や仲間を意味する「パル」を組み合わせたもので、ジオパークやジオラマ、鉄道愛好の輪が、友達・仲間に大きく広がっていく、その中心施設となるようにという願いを込めています。

ジオパーク観光インフォメーションセンター

◆開室時間
施設名 開室時間
1月~6月
10月~12月
7月~9月
ジオパーク観光インフォメーションセンター 8:30~19:00 8:30~19:30
キハ52待合室
ジオラマ鉄道模型ステーション 平日 10:00~18:00
土・日・祝 9:00~18:30 9:00~19:00

◆ジオラマ利用料金
Nゲージ・HOゲージともに、ご自分で操作(運転)する場合は有料となります。
利用単位 利用料金
1線・30分あたり 500円(車両使用料込み)
※車両持込みの場合は200円
※小学校4年生以下の子どもが利用する場合、必ず保護者同伴でご利用ください。
※ジオラマや走行する模型車両の見学は無料です。

◆基本情報・アクセス
所在地 新潟県糸魚川市大町1-7-47(北陸新幹線糸魚川駅高架下)
電話 観光案内所 025-555-7344
FAX 025-555-7364
アクセス 《車》 北陸自動車道 糸魚川ICから車で10分
《鉄道》 JR北陸新幹線 糸魚川駅下車 改札から徒歩1分
えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン 糸魚川駅下車 改札から徒歩1分

 

ジオパーク観光インフォメーションセンター

 ジオパークの「ジオ(Geo)」は地球や大地、「パーク(Park)」は公園という意味です。貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化を守り、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的としています。糸魚川市はユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク」の審査を通り、平成21 年8月に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。
 ジオパーク観光インフォメーションセンターでは、市内に広がるジオサイトへのスタート地点として、ジオパークのさまざまなインフォメーションを提供しています。糸魚川駅に降りたら、まずお立ち寄り下さい。

 明星山の頂上から一気に滑り降りるスライダー、大岸壁をよじ登るようなキッズクライミング、まるでヒスイ峡の流れを見ているかのようなトリックアート!最新設備を駆使してジオパークの今を伝える展示等を楽しむことができます。

 ジオパークへの第一歩をここから踏み出そう!

●子どもが楽しく遊べる明星山スライダー
●食とジオの関係を紹介するデジタルサイネージ
●海や山で楽しめる活動を記したグラフィック
●東西の境を見つける参加体験型コーナー
●インフォメーション など

キハ52待合室

キハ52形気動車の模型

 平成22年3月12日まで大糸線で活躍した人気車両、「キハ52-156」の実車を展示しており、往年の雄姿を間近に見ることができ、実際に乗車することも出来ます。
 糸魚川市がJR西日本から無償で譲り受けた際には首都圏色(朱色)でしたが、修繕、塗装の際にカラーリング投票を行い、その結果、国鉄一般色(朱色×クリーム)が最多得票となり、塗り替えられました。
 ジオパル施設正面には、糸魚川市民はもとより、糸魚川出身者や鉄道ファンにはなじみの深いレンガ車庫の3連アーチもモニュメントとして再構築。一番左のアーチから「キハ52-156」がイベント等にあわせて引き出される楽しい仕掛けが施されています。

 実車の車両展示のある新幹線駅は、全国的にも珍しい駅となっています。

ジオラマ鉄道模型ステーション

※写真はイメージです。

①プラレール展示コーナー

 株式会社タカラトミー様の協力により、大きなプラレール ジオラマが展示され展示されてます。また、プレイスペースも設けられ、親子が一緒に楽しむことができます。

プラレール×糸魚川コラボ企画はこちら

②ジオラマ鉄道模型展示コーナー

鉄道ジオラマ(Nゲージ)

 鉄道ジオラマは、鉄道のさまざまな情景を模型にして、そのなかを実際に模型車両が動く様を見たり、自分でコントローラーにより運転したりして楽しむことができるものです。

 糸魚川ジオステーション“ジオパル”には、糸魚川の特徴的な地勢の一部を表現した大型ジオラマをHOゲージとNゲージで各1セット展示しています。来場者が持参した模型を実際に運転して楽しむこともできます。

◆Nゲージ(縮尺1/150)…7m×6mのジオラマのなかで、北陸本線沿いをメインとした市内の特徴ある地勢を表現し、10線が敷かれています。
◆HOゲージ(縮尺1/87)…10m×2.5mのジオラマのなかで、大糸線が走る姫川渓谷沿いの地勢を表現し、4線が敷かれています。

 

  • おみちようプロジェクト
  • プラレール×いといがわコラボレーション企画
  • こうなる!糸魚川駅

《外部リンク》

facebook